Kramer Modify 5150

Kramer Modify 5150

以前ジャパンビンテージという名の安価ギター改造フランケンを紹介しましたが、今回はある意味本物Kramer改5150です。

元は5150改造用ド定番JKシリーズ。確かJK-1000。
いつもお世話になっているPowered By HasegawaさんによるこだわりのModify。
ボディ左側のシェイプも修正。ここ大事。


ヘッドストックも元のJKのままだと小さいのでサイズを大きく。星マークも必須。


PUはとりあえず手持ちにあったSeymour Duncan SH-4 JB。
そしてエディといえばPU直付けなんですが、これがいつも苦労します。
フランケン同様、今回も下に板設置で底上げしてくれてますが、細かい調整がなかなか。
ウチにきてからスポンジをいれてちょっと上げましたが、もう少ししっかりしないと動いちゃいます・・

F-Space仕様じゃないので弦とのズレもあり。
エディがスラントさせたりしてるケースはこのあたりの事情ですよね。
個人的にはこういった部分のアバウトさも、多少なりともサウンドに関係するんじゃないかなーと思ったり。


Kramerのネックプレート


フロイドローズはAmazonとかにある怪しげなのじゃくなく本物。



御存知の通りエディはボディにベタ付けのフィッティングセッティング。
これにはいつも一苦労。弦高との絡み&スプリングの張り具合がなかなか難しい・・
5150をプレイしやすいようにD-Tunaを搭載してみました。
が。ファインチューナーの状態によっては伸ばすとボディに当たる・・


背面。スプリング2本キツめで。

全体的に塗装薄めになっているるので、使っていくうちに本家のように剥がれて行く予定です。
あのボロボロさがまたかっこいいんですよねー。
傷が入りだしたら、ピック貼り付けるテープ貼ってみようと。
最初からレリック仕様っていうものありだったんですが、今回はピカピカでお願いしました。
ネックだけ少しレリック仕様。
うん、良いです。

Sound/Impressions

憧れのギターなので見た目だけでとりあえずテンションあがります。
シグネイチャーモデルも売ってますし、そりゃー普通に欲しいんですがw
エディ自身もそもそもは改造したり塗装したりなんやかんやの人なので、感覚的にはこういう方が近い気が。
と、思うようにしてますw

肝心のギターとして。
元がKramerなので、いわゆる安ギター改造に比べるとやはり良いです。
やっぱりネック周りの安心・安定さはいいですね。
安ギターでもSamickの当たりネックとかあるので一概にはいえないんですが。
弾き心地は抜群。

弦高やフロイド周りにだいぶ時間かかりましたが、ようやく良い感じになってきました。
サウンドサンプルに、近日VanHalenの曲を動画でアップ予定です。


エディギター揃い踏み。白黒はまた近日記事書きます。
ちな全てPowered By Hasegawa製。


小春ちゃんもお気に入りのご様子。

EVH D-tuna

価格:7,040円
(2020/7/7 11:59時点)
感想(0件)

【中古】Franken Guitars / EVH5150 S-H Paker Head 【3.54kg】【御茶ノ水ROCKSIDE】

価格:198,000円
(2020/7/7 12:01時点)
感想(0件)


サウンドハウス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です