BluGuitar AMP1 Mercury Edition

About Mercury Edition

ついにというか、やっとというか入手しました、日本未発売Mercury Edition。
(入手方法等についてはこちら)
2018年発売、その後Iridium Editionも発売となりましたが、残念ながら日本では未発売。
厳密に言うと現在購入できるBluGuitar製品も、販売代理店がないので国内在庫分のみだと思われます。

早く良い代理店が見つかれば良いのですが、なかなか難しいようです・・

Difference from the first edition

デザインは同じで見た目ではほぼ見分けのつかないMercuryEdition。
初代AMP1をリファインしたヴァージョンと考えて貰って良いと思います。

違いは背面ファンのところに「Mercury Edition」の刻印が。


ThomasBlugご本人に違いを伺ったところ

  ・クリーンチャンネルは微妙な変化でほぼ変わらない。
 ・ハイゲイン時のサウンドがタイトになった。
 ・リバーブの効きと音質がよくなった。

との回答を頂きました。

現在では初代Silver Editionは廃盤扱い、MercuryEditionとIridium Editionの2機種となっています。

Sound / Impressions

初代Silver Editionも普通に気に入っていましたが、ここは改善してほしいなぁと思う点もありました。
それがまずリバーブ。これはほんと嬉しい。
というか1stのリバーブ、最初壊れてる?って思うくらい効きが弱かったんですよね・・苦笑
フルにして大きい音で鳴らすとかかってるのがわかるんですが、自宅で小さい音量だとなかなか分かりづらいレベル。
OFFにするとわかるので全く効果ないわけではないんですが、リバーブ搭載というにはちょっと厳しい感じでした。

Mercury Editionでは、バッチリ改善!
なかなか上品な感じのリバーブですね。
フルにするとガッツリかけることもできます。
音質については1stのリバーブがあまりわからなかったのでなんとも言えないんですよね苦笑

もう一点はパッチチェンジ時の音切れ。
Boostを踏んでも音切れがあって結構気になるレベルだったんですよね・・
こちらもかなり改善。ほぼ気にならないくらいになっております。

この2点でもう個人的には大満足。

Thomasがタイトになったと言ってた歪みも確かにクオリティアップ。
より現代的というか音圧が増した印象です。

違う観点から言うと1stのほうが若干ヴィンテージアンプ感があるのかな。
この辺は好みですが、やっぱりMercury素晴らしいです。