BluGuitar ’61 Masterbuild

BluGuitar ’61 Masterbuild – Thomas Blug Signature Guitar

ThomasBlugといえば白の'61 Fender Stratocasterがトレードマーク。

Vintage (JHS)から彼のシグネイチャーモデルV6MRTBG、
ジミヘンモンタレーカラーの‘Summer of Love’ V6MRHDXが発売されてます。

こちらは誰もが手にしやすい価格帯でというコンセプト。
それでもWilkinsonのパーツやレリック加工等コスパに優れた良いギターだと思います。
ですが、やはり価格相応の部分もありますよね。

メインのストラトは'61製ということもあり、さすがに歴戦のダメージが蓄積。
数年前「これが最後」とフレット交換をしてましたが、海外を飛び回ることも多いThomas。
移動・運搬となると様々なリスクもあります。
日本に来る際にはギター用に座席一つ確保し持ち込んだそう。それでもちょっと揉めたらしい。
最近UKへは"Summer Of Love"をネック外してカバンに詰めてAMP1と共に持っていってましたw

そんなこんなで、自身のブランド、BluGuitarからハイクオリティの'61 Masterbuildの登場です。

2018.11.06 UPDATE : この記事は詳細等随時加筆・修正します。

From BluGuitar Official Site

まずはBluGuitar オフィシャルサイトから意訳・抄訳を。かなり雰囲気意訳込みです。
 

 
'61 MasterbuildはThomasBlugが最高級の素材、究極の仕様で限られたストラト愛好家の為に作成しました。
1stエディションは'61にちなみ61本の限定となっています。

このギターはWilkinsonブリッジ等で有名なTrevor Wilkinsonのハンドメイド、
ピックアップはKloppmann PickUpのAndreas Kloppmannによって提供されています。
彼はThomasの長年の友人でもあり、オリジナル'61のセンターPUもKloppmannです。

Thomasはプロフェッショナルギタープレイヤーとして、世界中のステージや無数のレコーディング等
人生の大半を1961年Fender Stratocasterと過ごしてきました。
長くプレイするうちにオリジナルのギターの問題ではないものの、カスタマイズする必要を感じました。

フレットは指板のRに合わせたより高いのフレットに。
これはヴィンテージギターのRでのプレイビアリティを保つのにも役立ちます。

歪んでいるときに顕著な不快なハウリングについては、
OnOff可能なダミーコイルを内蔵し、大幅に低減させることができました。
サウンド面でもハイゲインはもちろん、
ストラト特有の高音(いわゆる鈴鳴)は本物のストラトのクリーンサウンドと同じくらい良い音です。

チューニングの安定性は特別なストリングガイドポストと、
ブリッジを5スクリューにすることで最適になるようにしました。

ボリュームポットには“no-treble-loss”コンデンサを搭載。
これによりBluGuitar '61はボリュームを絞っても美しいトレブルが維持されます。
これはThomasサウンドの秘密かも。もし彼の指以外の要因があるとすればですけどね ;-)



BluGuitar '61 MasterbuiltはThomasのオリジナル'61ストラトの多くの特性を再現していますが、
ストラトというクラシックな楽器の操作性を高めるために、Thomasが行った改造点も含まれています。

夢のギターを作るというThomasの高い期待を実現するために
Trevor Wilkinson、Andreas Kloppmann、Thomas Blugの3人は
これまでの経験・ノウハウを最大限活用しました。

Trevor Wilkinsonは新しいビブラートブロックハードウェアを開発、
またブリッジプレートは熱処理によってより強く強化されています。
サドルはオリジナル'61ストラトに出来る限り近づけてあります。

ネックとボディにはオリジナル'61ストラトのキャラクターを再現できる厳選された木材のみが使われています。

Andreas KloppmannとThomas Blugは古い'61ピックアップの音色と何度も何度も比較して完璧にマッチさせ、
全く新しいピックアップを開発。究極のトーンを実現しました。

BluGuitar'61 Masterbuiltには当然オリジナル'61ストラトにある全ての特別な機能が含まれています。
ボリュームポットには、ダミーコイルOnOff選択可能な "BUKKA™"スイッチ、
ボリュームを絞ってもトレブルを保つ"Treble Condenser"が含まれています。
 

 
数十年の間に "成熟"した'61ストラトの卓越した品質を、
BluGuitar'61 Masterbuiltによって多くのギタリストが手にすることができます。
Thomas Blugのオリジナルギターのトーンを再現することに成功したのです!

Trevor Wilkinson、Andreas Kloppmann、Thomas Blug
このスペシャルな3人のキャラクターを体感してみてください。

Impression


スペックだけでなくキズや塗装の剥がれ等までしっかりと再現、レリック加工されています。
背面もこの通りオリジナル'61ストラトと同じ。
傷等々は増えていくので、今の時点と全く同じではないと思いますけどw
 
 
オリジナルの'61ストラトと同時に弾き比べたわけではないのですが、かなり近い印象は受けました。
レリック加工はしてあるとはいえ、もちろん新品なのでしっかりとした高級感も漂ってます。

思えばVintage製のシグネイチャーも雰囲気というかフィーリングは近いんですよね。
そういう意味ではVintageはかなりコスパの優れた良いギターだと言えるかもしれません。
 

オリジナルはどこを見てもダメージがありましたが、レリック加工とはいえネックや指板はさすがにキレイ。
各パーツもしっかりしてましたし、生音でも良く鳴る感じがしました。
ちょっと触った程度なので大したレビューができないのが心苦しいところです・・汗
 

この写真のヘッドストック、某F社の形状ですが、実はヨーロッパでは若干違う形で販売されています。
諸々の問題でそうなっているらしいのですが、日本でも販売の予定があった時点では、
日本ではできればこの形で・・その方がいいよね?といった話もありました。
国産コピーモデルのストラトとかいろいろありますが、あまりその辺気にしたことなかったなーと。
やはり国によっては色々とあるものですね。

Spec

Body:Red Alder
Neck Material:Hard Maple Neck
Neckshape:Vintage "C"
Fingerboard:Rosewood
Fingerboard Radius:Radius 7.25" (184.1 mm)
Frets:Dunlop 6105
Finishing:Nitro
Nut:Bone
Bridge:Custom Made "Year One"
Miscellaneous:True Vintage Specs

To the purchase applicant. 購入希望の方へ。


'61 Masterbuildは現在ヨーロッパでもCurrently Not Availableとなっており販売されておりません。
当初の予定では'61にちなんで61本の限定発売となっていました。
その後完売で販売されてないのか、何本売れたのかはわかりませんがw
木材・各パーツ共にこだわりのスペック、ハンドメイド製品の為、大量生産できないこともあると思います。

ネック材の仕入れ等も完了し、来年2019年には今入っているオーダー分の作成に入れそうとのことです。
日本では、ビジネス上の問題もあり、残念ながら2018年現在販売予定はありません。

ですが!なんと!
もし当ブログへ購入希望があれば、数本用意できるかも。とThomas本人が言ってくれました!
もちろん金額もそれなりになると思われますので、詳細は別途ご相談となります。

日本では通常入手困難、激レアなBluGuitar 61 Masterbuild。
本数の問題もあると思われますので、現時点で必ず購入できるとまでお約束はできないのですが、
購入したい!という方がおられましたら、一度下記フォームにてお問い合わせください。